フクロウ(ふくろう)の販売など、珍しい動物の販売専門店「OWL★WAN」へようこそ!

ホーム > 珍しい動物 > キンカジュー(メス) 国内ブリードのBaby(H29年2月15日産)
キンカジュー(メス) 国内ブリードのBaby(H29年2月15日産)
PRICE
ASK
売約済み

    電話でお問い合わせ

    072-812-2424
    INFORMATION
    ◆キンカジュー 2017年2月15日産まれ(国内ブリード)


    ■分布
    メキシコ南部からブラジルの熱帯雨林に
    生息するアライグマの仲間になります。

    ■体長は成長時で40〜70僂曚匹如⊃性は植物食傾向の強い雑食。
    夜行性ながら人間にも良く懐きます。
    その姿はフェレットのようで、猫のようでもあり、猿のようでも・・
    アライグマのように器用に手を使うことから、ペットとしての人気が高いのですが
    Babyの流通が殆どなくという超レア種になります。

    ■寿命
    飼育の元で約23年ほどの例もあります。

    ■餌
    バナナやリンゴ・アボガドやマンゴーといった果物が主食ですが、
    はちみつなども食べます。飼育下でもやはり果物が主なエサとなりますが、
    モンキーフードを主食にするとタンパク質もしっかり摂取出来て良いでしょう。


    ■飼育
    キンカジューを飼育する際に使用するケージは、犬用のケージでも可能ですが、
    サル用のケージまたは猫用のケージがおすすめです。

    どちらかと言うと樹上棲なので高さのあるケージが望ましいかもしれません。
    止まり木や流木で登り木を作ってあげるとキンカジューの寝床や休憩場所と
    なるますので猫用のハンモックを利用し、なるべくケージの高い場所に設置してあげると
    良いでしょう。

    本来夜行性の動物ですので、昼間の寝ている間は無理に起こしたり
    することは控え、そっとしておいてあげましょう。

    キンカジューは中米・南米の熱帯雨林に生息しているため、
    飼育下での適正温度は27度〜33度と高めが好ましいので
    そのため、夏場以外はヒーターを利用して保温すると安心です。


    ■話題性
    随分前になりますがパリス・ヒルトンが飼ったことで一躍人気となり
    動物マニアにとっては飼いたい動物ランキングに必ずランクインしてます。

    また、別名『ハニーベア』と呼ばれることもあります。


    <撮影日 2017/3/24 店内にて>

    ■輸送・空輸も対応させて頂きますが、法改正にて一度ご見学をお願い致します。
     <平成25年9月以降は対面販売になりましたのでご注意下さい>
    ◆ご見学(対面販売)に関しては、一度ご相談下さい。


    ◆返品・キャンセル・クレームに関して

    取り扱う商品の性質上クレームには応じかねます。
    状態に関してもメディカルチェック等で十分注意致しております。
    但し、生体のため100%の保障ができるものではありませんのでご理解下さい。
    もし気になるようでしたら事前にご連絡(御質問)ください。


    ◆発送について

    基本的には空輸対応は可能ですのでカーゴにてお受け取り下さい。
    Babyのため現在は陸送はお受けしておりません。

    ◆キャンセルに関して
    生体販売の特性上、入金後(ご予約、全納)のキャンセルは出来ません。
    但し、入金額全てを放棄される場合はキャンセルをお受け致します。

    ◆死着保障
    希少レア種に御なりますので次の子を用意は出来兼ねます。
    HP内の【特定商取引法に基づく表示】に記載しています。

    ◆生体ですのでHP内の【販売の流れ】をお読み頂き、ご検討の上購入くださいね。

    ◆予約金を収めた後、2週間全くご連絡が付かない場合など、
     お迎え・その後のやりとりを放置された場合は、如何なるご事情でも
     入金額は全て放棄とみなしキャンセル扱いとさせて頂きます。